夏なのに海に行かないエモい沖縄の楽しみ方(海が嫌いな人向け)

感傷的な気分に浸りたいときが誰にでもあるはず。特に沖縄は、アメリカ統治時代の面影を残した食や建物が今でも残ります。アメリカ的だけど沖縄ナイズされた独特の雰囲気にノスタルジーを感じてキュンとしてしまうかも。旅行の際には、ぜひ古い映画のワンシーンを切り取ったようなエモい沖縄を探してみませんか。

アメリカンダイナーの雰囲気「シーサイドドライブイン 」


恩納村にある「シーサイドドライブイン」は、1967年オープンの海辺のレストラン。免許取りたての若者から、ファミリー、地元のおじさんまで老若男女問わず愛されてきた県民の憩いの場。

夜になるとレトロなネオンとアメリカンな雰囲気の店内が何ともノスタルジックです。店の裏にはすぐ目の前に海が広がっているので、テイクアウトして海を見ながら食べるのが地元の若者流。

レストランは24時間オープンしているので、思い立ったときにいつでも行ける気軽さもいいですね。

映画に出てくるモーテルみたい「SPICE MOTEL OKINAWA」


SPICE MOTEL OKINAWA」は、アメリカ統治時代に建てられたモーテルをリノベーションしたデザインホテルです。映画に出てきそうなモーテルに実際に泊まれるなんて、ワクワクしますね。アメリカンな雰囲気と昭和の沖縄の建物の雰囲気がマッチして、ノスタルジックな気分に浸れます。


モーテルは、沖縄県の中部・北中城村にあるので観光の拠点としても便利ですよ。近くには大型ショッピングセンターやビーチなどがあります。ひと味違う沖縄旅行を楽しみたいときに、利用してみてはいかがでしょうか。

かつては沖縄人は立ち入り禁止!?「プラザハウスショッピングセンター」

「プラザハウスショッピングセンター」は沖縄市にある商業施設。1954年に、日本で初めてできたショッピングセンターとして知られています。当時は、アメリカ人専用のお店で沖縄の人は買い物ができなかったそうですが、今では誰でもウェルカムです。
アメリカ統治時代に造られた施設のため、アメリカンでエモい雰囲気がそこかしこに漂います。
日本にいながら外国に来たかのような気分になれて、ウィンドウショッピングをするだけでも楽しいと評判のスポットです。

ショッピングセンター内では、輸入の洋服やアクセサリー、家具などを販売しています。リーズナブルなものから高級なものまで幅広い取り扱いがあります。
特に、Roger’s(ロージャース)は立ち寄ってほしいショップのひとつ。世界18カ国、約700ブランドの商品が集まっているので、きっと「ほしい!」と思える商品に出会えるはずです。

もっとノスタルジックな海外を感じるツアー

まだまだ書ききれないノスタルジックな沖縄の良いところがあります。ドライブの寄り道で訪れるところだったり、無駄のないツアーなどを紹介していますので気兼ねなくお問い合わせください!
例えばこんな時間割を組むことだってできちゃいます!(今回は上記でご紹介した場所を軸にご案内☆)

10:00~ 空港でPick UpもOK!昼ご飯と近くで寄れるスポットを提案します。
13:00~ モーテルに向かいながらおすすめの観光名所をごあんなーい。勿論行きたい場所など提案バシバシしてください!
17:00~ 「SPICE MOTEL OKINAWA」到着!チェックインを済ませちゃいましょう!フリータイムですが夜のお店もご紹介+安心の送迎までしちゃいます。
次の日
8:00~ 「シーサイドドライブイン」で朝食のためPick Up。シーサイドドライブイン周辺のおすすめポイントご紹介!
13:00~ 「プラザハウスショッピングセンター」でお買い物終わり次第、那覇へ~。寄り道はいっぱいしましょう笑
18:00~ 空港まで送迎!悲しいですがまたのご利用おまちしてます!

今回はざっくりスケジュールですが、紹介前に組むこともできるので気軽にご質問してください。

最後まで閲覧いただきありがとうございます。